デジスキが目指す場所

GOAL

人材不足が叫ばれている今、「社内のスキルアップ」が必須。
デジタル化時代に求められるスキルを短期間で学び、
即戦力になるプロを目指す。

助成金・補助金の利用でお得にスキルを学びなおす「リスキリング」
学び続ける社員と成長し続ける会社を作る。

人材不足が叫ばれている今、
「社内のスキルアップ」が必須。
デジタル化時代に求められるスキルを短期間で学び、即戦力になるプロを目指す。

助成金・補助金の利用でお得にスキルを学びなおす「リスキリング」
学び続ける社員と成長し続ける会社を作る。

DX化とは?

What is DX conversion?

DX化はデジタル技術を導入し、業務効率向上やコストカットだけでなく、ビジネスモデルを変革していくことです。つまり、デジタル化を当たり前にして、さらに企業を成長させることなんです。

IT化(デジタル化)とDX化の違い

DX化で得られる3つの利点

3 advantages

1.社内の情報を整理整頓して、
「業務の見える化」を図る

書類や勤怠管理などをデジタル化することで、社内の情報が1つに集約されます。
その結果、「どこに何があるか?」が社員全員が分かるようになり、業務での疑問や問題点を過去のデータをもとにして解決することができます。さらに、情報が整理されたことで、PDCAを回しやすくなります。
「なんとなく」「たぶんこうだろう」という結論ではなく、「数値が〇〇に変化したから〇〇だ」と数字を比較して改善するということです。
数字を出すことで、次回の改善点も明確に決めやすくなります。

2.顧客管理をラクにして、
お客様の声を反映した
商品作りができる

お客様の情報は商品の開発や改善においてなくてはならないものです。
しかし、細かく管理するのは大変。そんな時にデジタルの力を借りて、顧客管理を行うことで、簡単に情報をまとめることができます。
情報が1つになれば、今まで分からなかった商品の良さや改善点が浮き彫りになり、今後の戦略も立てやすくなります。

3.今いる人材の
スキルアップができる

「デジタルなんて難しくてよくわからない…」という不安を抱いていませんか?そういう方にこそ、おススメしたいのがDX化なんです。
今やネットは日常生活において欠かせないものであり、若い世代はデジタルが当たり前です。
そんな若い世代を入れるには、企業もデジタル化が必須になります。また、今いる人材のスキルアップをすることで、将来のより良い人材を確保したり、育てたりすることに繋がります。

REXIAのDX化支援サービス

DX support service

1.LINEでDX化をサポート

LINE公式ツールLステップは、コミュニケーションだけでなく、顧客情報をまとめることにも最適です。 Lステップを用いた業務効率化の方法をお伝えし、導入までの道筋をサポートします。
また、Lステップを活かした販売戦略も提案いたします。

2.インスタ × Canva

今まで時間とコストがかかっていたチラシやバナー画像、クリエイティブなどの制作物をCanvaというソフトを使って効率良く制作します。
さらにCanvaで制作した画像をインスタに投稿していくことで集客にも繋がります。

3.SNS広告で集客

新しい事業を始めたいけど、集客の方法が分からないという方へ、WEB広告を使うことで、ターゲットを絞った集客を実現できます。
その方法やコツを1つ1つ丁寧に説明し、新規事業のスタートの準備を一緒に行います。

さらに、REXIAならお得にデジタルスキル向上をサポート

「デジタル化って具体的になにをすればいいの?」「苦手だから分からない…」こんなお悩みを持つ方へ、 社内のデジタルスキル向上のために必要なことを分析して、計画を立てます。 そして、研修を通して社内全員のデジタルスキルがアップするように支援いたします。

 

そして、今なら厚生労働省の助成金やその他補助金を使って最大75%の支援が受けられます。 申請するための書類作成のサポートはもちろん、貴社に最適なコースの提案やスケジュール管理もお手伝いします。

最大75%支援のお得な助成金とは?

人材不足が深刻化している現在、今いる会社のメンバーで成長していくことが求められます。
厚生労働省が発表している助成金を活用することで、研修費を大幅に減らして新しいスキルを身に付けることができます。

リスキリング助成金=reskilling、
つまりスキルの学び直し

申請の流れ

助成金を利用したDX化の進め方

国からの助成金を利用すると、費用を減らしてDX化を進めることができます。

DXの進め方

ご依頼やご相談は、
お問い合わせフォームにて承っております。

お気軽にご相談ください。

上部へスクロール